肛門科・内科・胃腸科・循環器科・訪問診療(在宅支援診療所)・産業医・デイサービス
半田警察署より北へ300m
0569-21-8138
診療のご案内

日帰り手術

日帰り手術とは文字どおり入院しないで外来でおこなう手術です。
手術である以上、入院の上受けられるのが最も快適であることは間違いありません。しかし、最近の景気の影響もあるのでしょう、「少々のことは我慢するから仕事を休まずに治したい」とのことで、若い人を中心に日帰り手術を希望される人が増えてきました。 日帰り手術は原則として程度の軽い病気を対象にしています。

当院で受けられる日帰り手術

外痔
出血の危険も少なく、傷が肛門の表側だけの浅い傷ですので日帰り手術のよい適応です。
症状 排便とは関係なく肛門の外に腫れがある場合(いぼ痔)は、外痔と考えられます。
通常は痛みがありませんが、血豆ができた状態になると痛む場合があります。
治療方法 原則として治療には切除が必要です。小さな外痔は日帰り手術で治りますが、内痔を合併して(内外痔核)3個以上の場合は、入院による治療をお奨めします。
内外痔核(内痔+外痔)
内外痔核(内痔+外痔)は1~2個だけなら術後の痛みも小さいので、日帰り手術が可能です。
しかし3個以上になりますと術後の痛み、出血の管理のため入院した方がよいでしょう。
どうしても入院したくないという場合は2回以上に分割して日帰り手術をおこなうこともありますが、保険の問題などもあり、一般的ではありません。
症状 外痔だけでなく肛門の内部にも腫れがある状態を内外痔核といいます。
飛び出した痔核から出血したり、こすれて異物感や痛みを感じることもあります。
治療方法 内痔は、注射で消滅させる「注射療法」や輪ゴムでしばって消滅させる「輪ゴム療法」などの切らない治療法があります。また、外痔は前出の通り切除しないと治療できませんが、軽い症状なら日帰り手術が可能です。また、「PPH法」という専用の機械を 使って切除と縫合をおこなう方法もあります。
肛門周囲膿瘍
日帰り手術のよい適応です、ただしあくまで応急処置です。
肛門周囲膿瘍になった方は膿をだす処置(外来手術)をすると、症状が消えてしまい,入院の根治手術がわずらわしくなり病院にこなくなる方がいらっしゃいます(実はけっこう多い)。
しかし、残念ながら・・・・・忘れた頃に再発することが多いです。
症状 肛門が化膿して炎症を起こし、腫れて激しい痛みを感じます。
膿で下着が汚れると「便がもれた」と勘違いする場合がありますが、重症になると高熱、全身倦怠を起こします。
すぐに処置を行わないと敗血症を起こすこともあります。
治療方法 外来で切開して膿を出すと症状が良くなりますが、これは応急処置でしかありません。
いずれ大部分が痔ろうに進展するため、完治には手術をする必要があります。
痔ろう
痔ろうは原則として浅いもの意外、日帰り手術は困難です。輪ゴムを使うセトン法は日帰りで行われます。
症状 前出の肛門周囲膿瘍がしばらくすると肛門の激しい痛みは消えますが、代わりに固いしこりができ慢性的に「異物感」「不快感」「鈍痛」が続きます。
治療方法 痔ろうは薬での完治が難しく、多くの場合手術をする必要があります。
手術は、括約筋と一緒にトンネルを切除する「開放手術」が一般的ですが、内外痔核に比べて患部が深いため大掛かりな手術になります。
また、開放手術では傷が大きくなり過ぎる場合は、輪ゴムを使ってゆっくり時間をかけて開放する「セトン法」という治療方法があり、これは日帰りで行われます。

日帰り手術を上手に受けるポイント

決して無理しない

「入院したくない」というだけで安易に受けるべきではありません。
重症なら入院手術の方が絶対に安全、快適です。

軽いうち、状態のよいときに受ける

「痛い時に手術で治したくなる」のが人情ですが、炎症の無い、状態が落ち着いたときの方がよいでしょう。

時間の余裕のある時に受ける

術後は予想し得ない合併症が起こる事もあります。「すぐに仕事が可能」の保証はできません。
大事な予定のない、何かあったらお休みできるような余裕のある時に受けるべきです。

術後は医師の指示を遵守する

「どうしても自宅にいるとお酒が飲みたくなる」という方は要注意。
看護婦さんの監視付き(入院)の方がよいでしょう。

デイサービスもみやま