肛門科・内科・胃腸科・循環器科・訪問診療(在宅支援診療所)・産業医・デイサービス
半田警察署より北へ300m
0569-21-8138
診療のご案内

ピロリ菌の除菌治療

ヘリコバクターピロリ(以下ピロリ菌)は胃に感染する事でさまざまな病気を引き起こすと近年新聞・ニュースでもよく取り上げられています。
ピロリ菌感染は胃・十二指腸潰瘍や慢性胃炎、急性胃炎、胃ガン、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病などの疾患の一因と考えられています。我が国は他の国に比べて、40歳以上の方のピロリ菌感染率が高く、60歳以上の方では60~70%が感染しているとの報告もあります。
現在、胃・十二指腸潰瘍のある方や早期胃ガンの内視鏡治療後、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病の方は健康保険でピロリ菌の検査や治療が受けられます。
当院でも潰瘍の薬をやめるとすぐに再発していた胃潰瘍の方が、ピロリ菌を除菌した後は薬をやめても再発しなくなった。周期的に十二指腸潰瘍を再発し、タール便(上部消化管の出血により出る黒い便)が出ていた方が、ピロリ菌を除菌してタール便が出なくなった。などのピロリ菌除菌療法の著効例を多く経験しています。
ピロリ菌が心配だけどどうしたら良いの?これはよくある質問です。ピロリ菌に関してご不安を抱かれている方は、当院までお気軽にご連絡ください。

※保険適用でピロリ菌の除菌を行う場合は、内視鏡検査(胃カメラ)が必要です。
※胃の症状がなく胃カメラ検査を行う必要はないが、ピロリ菌の検査は受けたいという方は、採血による
  ピロリ菌抗体検査6,000円(自費)も行っています。

デイサービスもみやま